神腑菜辛(カプサイシン)ブログ
韓国料理を大阪で食べるならカプサイシン。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今宮戎
昨日、十日戎へは行けなかったのですが、
心斎橋筋商店街を歩いていると偶然
“宝恵駕籠(ほえかご)行列”に出あいました
賑やかなご一行様がやって来たので驚きました


全く由来を知らなかったので少し調べてみました…

今から二百年以上前、大阪ミナミの芸妓衆がカゴをくり出し、今宮戎神社に参詣したのが始まりだそうです。
現在でもその伝統は生き続け、芸妓さんや福娘、文楽人形、役者や芸人、スポーツ選手らが宝恵駕籠に乗り込み、
今宮戎神社への参道だった「戎橋」を中心に、南地(ナンチ)と呼ばれたミナミの街に福を届けてくれています。







▲お多福
多くの福を呼ぶ縁起物の「お多福」が先頭を進みます。大阪の昔の日本美人の象徴で、商売繁盛と招福開運の奉穰として親しまれています。



ウィッキーさん▲


▲今年の福娘さんはピンク


▲大阪の芸妓さん達




9日の宵戎ではお神楽を舞って頂きました
ご利益あるかしら?
(残念ながら神腑菜辛ではなく、父の仕事でのお参りでした








そして今日、オーナーが残り戎に行ってきました

『商売繁盛で笹持ってこい!!』


大阪経営研究会会長・阪上さんと




そしてまた定位置へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kapsaicin.blog15.fc2.com/tb.php/230-8e4777ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。